スペシャルオリンピックス宣誓


わたしたちは

精一杯 力をだして勝利を目指します。

たとえ、勝てなくても、頑張る勇気をあたえて下さい。

スペシャルオリンピックスアスリート宣誓
スペシャルオリンピックス日本アスリート訳



スペシャルオリンピックス(SO)とは

知的障がいのある人たちに、日常的なスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックスでは、これらスポーツ活動に参加する選手をアスリートと呼んでいます。

スペシャルオリンピックスが提供する継続的なスポーツ活動は、アスリートたちの健康や体力増進、スキルの向上を促進するだけでなく、多くの人たちとの交流は社会性を育てていきます。適切な指導と励ましがあれば、アスリートは確実に上達し、自立への意識を高め成長していきます。


日常的なスポーツトレーニングプログラム

スペシャルオリンピックスの最も大切な活動は、各地で行われる日常的なスポーツトレーニング・プログラムです。アスリートの住む地域の施設を会場に、同じ地域に住むボランティアが運営、コーチを務め、アスリートたちとスポーツを楽しむことがプログラムの基本方針です。プログラムは、主に週1回×8週間で行われ、年間を通じて様々なスポーツトレーニング・プログラムが展開されています。

このプログラムで、アスリートはチャレンジする勇気を身につけ達成する喜びを知ります・さらに、ボランティアと親しみ仲良くなることで彼らの世界は広がり、地域社会にふれあう機会を得ます・

一方で、ボランティアもアスリートたちと接することにより、知的障がいに対する理解を深めながら人として大切な多くのことを学び、地域社会もアスリートたちを普通に当たり前に受け入れていくことになります・

今、この瞬間も世界のどこかでアスリートたちがプログラムに参加し、多くのボランティアがそれぞれのプログラムを支えています。


成果の発表の場である競技会

スペシャルオリンピックスではスポーツトレーニング・プログラムの成果の発表の場として、競技会を開催しています。スペシャルオリンピックスには、夏季・冬季それぞれ4年に1度、世界177ヵ国の地域の人々が参加して行われる世界大会があります。また、他にも日本全国の地区組織からアスリートが参加する全国大会やブロック大会、地域で開催する地区協議会など、さまざまな規模の競技会・大会を開催しています。


ディビジョニング(グループ分け)

スペシャルオリンピックスでは、アスリートの可能性が最大限に発揮できるよう、競技会でディビジョニング(グループ分け)を行います。ディビジョニングは、年齢、性別、競技能力の到達度などに応じてクラス分けすることですが、ほぼ同じ競技能力レベルで競い合うことにより、アスリートにとって最も効果的な競技環境を提供することができ、アスリート個々人の成長を刺激することができると考えています。

また、スペシャルオリンピックスの競技会で予選落ちはありません。予選はディビジョニングであり、競技会に出場したアスリートは全員が決勝に進み、全員が表彰台に立ち表彰を受けます。全てのアスリートに勝利のチャンスが与えられているのです。


ユニファイドスポーツ/その他プログラム

スペシャルオリンピックスではアスリートたちにスポーツトレーニングの機会を提供するだけなく、スポーツを通して知的障がいのある人、ない人が交流し、お互いを理解し合う「ユニファイドスポーツ」、彼らのさまざまな能力を高めることを目的とした「アスリート・リーダーシップ・プログラム」、アスリートの健康を増進し、医療・保健に携わる人たちに知的障がいに対する理解を促進するための「ヘルシー・アスリート・プログラム」、そして、学校世代の若者を対象にした「学校連携プログラム」など様々な取り組みを行っています。 これらの活動を通して、スペシャルオリンピックスでは知的障がいのある人たちの社会参加を応援し多様な人々が共に生きる社会創りに貢献していきます。



SON北海道について(理事長ご挨拶)

1998年の設立から19年、NPO法人化から4年。この設立から現在まで、『特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・北海道』を、渡部 章 前理事長は誕生させ、立派に育ててこられました。

この偉大な功績を残された渡部前理事長の後を継いて、まだまったく経験不足である私の就任を承認いただき、その責務の重さを痛感しております。

スペシャルオリンピックスの使命は、知的障害のある人たちに継続的にスポーツトレーニングをする機会をつくり、その発表の場として競技会を提供することです。スポーツを通じて知的障害のある人が自立と社会参加を果たし、健康で豊かな生活を知的障害のない人とともに送ることを目的とします。

先日、EKSユニファイドスポーツデーでアスリートの方とボーリングを楽しみました。初対面から会話が弾み、自分の良いところや今良く出来ること、そしてそれをもっと上手に出来るように練習していることを、ニコニコの笑顔で話してもらいました。

「そう、どんなことをしているの?」と聞くと、工夫していることを具体的に話してくれました。皆それぞれが持っている力をおもしろがりながら精一杯発揮することが出来たら、達成感を得て、楽しく豊かな気持ちとなり、それが生きがいになるのではないでしょうか。

私はそのお手伝いと応援が、微力ながら出来ると思います。

今まで手薄だった札幌事務局も、体制が整い始めました。

北海道各地で今まで積み上げてこられた支部の皆様の力をいただき、心に火をつけ燃やし続けておられるたくさんの方との縁を大切にし、より一層北の都北海道が全国SOのなくてならない存在となることが出来るよう、職務に邁進し、特定非営利法人だからこそ出来ることを念頭に置き、その使命を果たすべく努力する所存です。これからご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

理事長 池上 喜重子



前理事長からひとこと

「北の大地で、輝く笑顔を応援しよう」

平素より、スペシャルオリンピックス日本・北海道の活動に際しまして、道民の皆様からのご支援、ご尽力を賜り心より感謝申し上げます。

スペシャルオリンピックス日本・北海道の活動につきましては、広大な土地柄ゆえ、全道における認知度はまだまだ低いのが現状でありますが、現在札幌を拠点として、紋別、名寄、釧路、函館、旭川地区でプログラムが展開されており、本年には網走、静内でも、設立の準備がなされております。少しづつではありますが、全道に根が張り出しているように感じております。昨今の国の障がい者スポーツの取り組みを契機に、この活動を全道に広げ、一人でも多くのアスリートが参加できるよう、努力していきたいと思います。

ぜひこの活動を、ご理解いただき今後も、ご支援ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げます。

監事(前理事長)渡部 章
(曽我部 永遠(そがべ とわ)君 作)



団体概要

団体名 特定非営利活動法人 スペシャルオリンピックス日本・北海道
設立 1998年5月17日
所在地 〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F 市民活動サポートセンター事務ブース
電話・FAX 011-709-3303
URL http://www.son-hokkaido.org/
上位組織 公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

各地区事務局

紋別エリア 〒094-0023 紋別市元紋別102番地の30
TEL: 090-8425-2330
担当者:今堀
札幌エリア 〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F 市民活動サポートセンター事務ブース
TEL/FAX: 011-709-3303
担当者:袖城
水曜日11:00~14:00、金曜日11:00~14:00
上記の時間以外は、事務局は不在となります。
留守番電話にメッセージを残していただけましたら、こちらより折り返しご連絡をさせていただきます。
釧路エリア 〒085-0007 釧路市堀川町2-13
TEL/FAX: 0154-24-1703
担当者:田中
名寄エリア 〒096-0010 名寄市大通南5丁目7 ㈱北方印刷所内
TEL: 01654-2-2337 FAX: 01654-2-2115
担当者:楢山
函館エリア 〒040-8567 函館市八幡町1番2号 北海道教育大学教育学部函館校
TEL/FAX: 0138-44-4279
担当者:細谷
旭川エリア 〒078-8368 旭川市東旭川町旭正315-2 カムイ大雪バリアフリーツアーセンター内 SO旭川事務局
TEL: 0166-38-8200 FAX: 0166-38-8211
担当者:今野

※事務局へのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします

GET IN TOUCH